つらい眠気を今すぐ何とかしたい!眠気を覚ます方法17選

ライフハック

皆さん睡眠時間は足りていますか?

残業がたくさんあったり、試験勉強をしたりで夜遅くまで起きていたけど、次の日いつも通りの時間に起きないといけないときってどうしてもありますよね。

 

私は何も用事がない休みの日は10時間ぐらい平気で寝れます(笑)

最低でも、1日の睡眠時間は7時間欲しいです。

でも、残業が多い日は自ずと睡眠時間が減ってしまいます。

 

なんとか布団から体を起こして会社や学校に行ったものの、眠くてどうにもならない!

というときに試したい方法をまとめてみました。

スポンサーリンク
 

眠気が発生する原因は?

眠気が発生する原因はいくつかあります。

寝不足

寝不足だと、当然眠気が発生します。

人によって必要な睡眠時間は違いますが、その必要な睡眠時間が足りていないと、眠くて仕方がなくなります。

前日に夜遅くまで起きていたなど、短期的な睡眠不足だと自分でも原因がわかっているのでわかりやすいと思います。

 

ですが、毎日少しずつ睡眠不足になっている場合には、自分でも気づきにくく、日常生活を送れているので寝不足になっていることに気づくのが遅くなることもあります。

休みの日や時間があるときに寝だめをしている人は要注意。

それは、気づかない間に寝不足になっているサインです。

 

睡眠の質が悪い

同じ時間眠っていても、翌朝すっきり起きれるときと、全然ネタ気がしないときがあると思います。

それは、睡眠の質の違うからです。

 

  • 寝る前にコーヒーやカフェインを含むものを摂取した
  • 寝る直前までスマホやPCなどのブルーライトを浴びていた
  • 寝る直前に食事や激しい運動をしていた

これらは、快適な睡眠の妨げになります。

また、

  • 枕の高さがあっていない
  • マットレスの固さがあっていない
  • 部屋が暗すぎるor明るすぎる
  • 室温が高すぎるor低すぎる

なども、睡眠の妨げになります。

 

睡眠を妨げる病気を患っている

うつ病や不眠症など、眠ることができなくなるという症状が現れる病気もあります。

そのほか、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、アトピー性皮膚炎なんかも、快適な睡眠の妨げになります。

治療中の人もいるかもしれませんが、こうした病気を患っているのに自覚していない場合もあります。

日中の眠気がひどく日常生活に支障がある場合は、病院へ行きましょう。

[adsense]

スポンサーリンク
 

タイプ別 眠気を覚ます方法17選

一口に眠気を覚ます、といっても方法は様々です。

以下で、タイプ別で紹介していきます。

体を動かして眠気を覚ます

  • 顔を洗う
  • シャワーを浴びる
  • 痛覚を刺激する
  • 息苦しくなるまで息を止める
  • 目薬を差す
  • ストレッチをする
  • 誰かと話をする
  • 体に力を入れる

体を動かし刺激を与えることで、眠気を吹き飛ばします。

 

環境を変えて眠気を覚ます

  • 部屋の換気をする
  • 部屋の明るさを変える
  • テンションの上がる激しい曲を聴く
  • ワサビなどの辛い物の臭いをかぐ

換気は、意外と効果があります。

 

食べ物で眠気を覚ます

  • コーヒーなどのカフェインを含むものを摂取する
  • 眠気覚ましのドリンクや食べ物を食べる
  • ガムをかむ
  • 熱いものを食べる(やけどに注意)
  • 冷たいものを食べる

カフェインで眠気を吹き飛ばしたり、熱さや冷たさで刺激を与えて目を覚ませます。

 

注意事項

熱いものを食べたり、痛覚を刺激するときはやけどやケガが無いよう十分注意してください。

また、ワサビなどの辛い物の臭いを嗅ぐときも注意が必要。

常に匂いを嗅げるよう鼻の下に塗る人もいますが、直接肌に塗ると肌にも刺激があります。

肌荒れや、傷口がある場合は思わぬ炎症を起こす場合がありますので、十分注意してください。

 

まとめ

大事な会議や授業中に眠くなると困りますよね。

周りの人にばれないようにこっそりと眠気を覚ます方法や、事前に摂取しておいて眠気を覚ます方法などいろいろありますので、時と場合に合わせて試してみてください。

スポンサーリンク