【初心者必見】お小遣いを稼ぎながらワードプレスの基本操作に慣れる方法

ブログ運営

 

初心者ブロガーのちゃまです。

副業としてワードプレスで個人ブログを作ってから3ヶ月ほど経ちました。

ワードプレスって慣れるまでにちょっと時間がかかりませんか?

いろんなサイトで使い方の説明はあるものの、ややこしいですよね。

ブログは収入が発生するまでにただでさえ時間がかかるのに、使い方に慣れていなくてさらに時間がかかってしまうのは嫌だ!という人もおおいのでは?

そこで今回は、お小遣いを稼ぎながらワードプレスの基本操作に慣れる方法をご紹介します。

あくまでお小遣い程度ですからね。

スポンサーリンク
 

クラウドソーシングで初心者OKのWebライターの案件をうける

いきなり結論からいいますと、ランサーズクラウドワークスなんかのクラウドソーシングでWebライターの仕事を探してそこでお金を稼ぎながら使い方に慣れていけばいいのです。

ちなみに私は過去に半年ほどクラウドワークスでWebライターの副業をしていました。頑張っても月5,000円程度でしたけどね。

サイト上でWebライターの仕事を探す

サイトに登録を済ませたら、Webライターの仕事を探します。

応募条件に「初心者OK」と書いてあるようなところがいいかと思います。親切にワードプレスの使い方マニュアルを用意してくれている案件もあるので、そういったものを探してください。

初心者OKの案件は非常に文字単価が低いです。1文字0.1円とかざらです。3,000文字書いても300円ですね。ちょっとここまで低いとやる気がそがれてくると思うので、だいたい1文字0.2円~0.5円程度のものがおすすめです。

中には初心者でも1文字1円の案件もあったりしますが、ジャンルが「保険」「クレジットカード」などちょっと知識のいる内容だったりします。

その内容に詳しいのであればいいのですが、高単価につられてよくわからないジャンルの記事を書こうとすると、記事を書くよりも情報収集の方に時間がかかってしまってなかなか思うように記事が書けないと思います。

私のおすすめは、美容やコスメ、筋トレ、スポーツ、ファッションなど、ある程度調べればすぐに情報が出てくるようなジャンルです。その代わり、書いている人が多いジャンルなのでライバルも多く、単価もそこまで高くはないです。

ワードプレスでせっせと記事を書く

もうお気づきかもしれませんが、この方法では、ワードプレスの使い方に慣れるだけでなく、ライティングスピードの向上や記事を書く際の情報収集の仕方、さらにはSEO対策についてまで学ぶことができます。

Webライターの案件を受けると、よく「このキーワードを含んだ見出しで、この3つのワードを文中に〇回以上入れてください」「大見出しは〇個、小見出しは〇個で3,000文字以上でお願いします」というような条件が書かれています。

私がWebライターの副業をやっていた時は「なにこの条件めんどくさい好きに書かせてよ」と思っていました。その時はSEOという単語も知りませんでしたからね。

[adsense]

ですが今になって考えてみると、これがSEO対策だったのか~いいこと教えてもらった、という感じです。

スポンサーリンク
 

Webライターの仕事が続かなかった理由

先ほど半年ほどWebライターをやっていたといいましたが、なぜだと思います?続けていれば徐々に文字単価も上がっただろうし、執筆スピードも上がっただろうに。

期日を守るのがしんどくなったから

これが最大の理由です。

3日に1記事以上書いてくださいね、無理な時は事前に連絡してくださいね、といった条件のある案件は結構多いです。

こういった期日がないといつまでもだらだらと書いてしまったりもするんですが、副業でやっていたので時間を作るのが難しかったのと、やっぱり初めてやることだったんでもんのすごく時間がかかってたんですよね。タイトルを考えて3,000文字書いて画像を付けて、この作業でトータル9時間かかってたと思います。1日3時間やって3日かかるので、ギリギリですね。

 

自分の書きたいジャンルを書けることは少ない

運よく自分の書きたい・得意とするジャンルの案件が見つかればいいのですが、なかなかありません。

私の場合は筋トレやスポーツグッズ、ジムなどのジャンルの記事を書いていましたが、知識も興味もないので調べては書き、書いては調べて…を繰り返しましたがなーんにも面白くありませんでした。

1か月後にもらえるお小遣いのことだけを考えてました(笑)

 

本当にお小遣い程度だったんですよ…

この作業ペースで1ヶ月仕事をすると、30日で10記事になります。そんだけやって5,000円。

90時間で5,000円。時給換算で55.5円。文字単価は0.16円(笑)

私は続けられませんでしたね~。

 

まとめ

Webライターの仕事は、執筆スピードの向上ワードプレスの使い方情報収集の仕方SEO対策についても学びながらお小遣い稼ぎができますが、ずっと続けるにはやっぱりもっと本気でやらないと無理だなーと痛感しました。

それで食べているプロの方もいますが、当然のごとく足元にも及びませんでしたね。比べるのも失礼なほどに…(笑)

現在では、この記事の場合だいたい2,400文字程度で、記事執筆のみの所要時間は1時間程度です。その前に記事の構成を考えたり、記事を書いた後さらっと誤字脱字チェックや画像・広告の挿入を含めて1時間半程度になりました。情報収集が必要な場合は+30分~1時間といったところでしょうか。

続けていればいずれ慣れて早くなっていく、と私は思っていますし、早さも質も含めまだまだ改善していくつもりです。

取り合えず、1からいきなりブログを始めるのは不安だから、どこかで実際に記事を書きながらある程度の使い方をマスターしたい!という方にはこういう方法もありますよ、という話でした。

スポンサーリンク